子どもに習い事をさせるときは│幼児教室やスポーツの効果について

教育上の注意点として

男の子

世田谷には、自分の子どもを幼児教室に通わせようと考えている方が、多いとされています。世田谷にある幼児教室は教育目的によって学習内容に違いが現れますが、通うのは同世代の幼児たちなので、幼児教育をする上での注意点に大きな違いはありません。まず、自分の子ども褒めてあげることが大切です。子どもは幼児でも親の期待に応えたいとどこかで思っています。親が喜んでくれると子どもも嬉しいので、定期的に褒めることが大切です。逆に幼児教室で上手くいかなくても怒らないことも、子どものモチベーションを下げないためには重要になります。もちろん、一般常識や人としてやってはいけないことをした場合は、年齢に合わせて適宜叱る必要はあります。しかし、世田谷にある幼児教室はあくまで習い事の一環なので、できなくてもあまり気落ちする必要はありません。親の立場からしたら自分の子どもが上手くできないと焦りを感じるかもしれません。しかし、その焦りを怒りにかえて子どもにぶつけるのは、よくないとされています。子どもにはアドバイスをするだけに留めて、遠くから見守ることが大切になります。また、幼児教室での学習と同じくらい大切なのが規則正しい生活です。成長期の子どもにとって早寝早起きやリズムのいい食事は、とても大切だとされています。不規則な生活を続けていると、いくら幼児教室で様々なことを学んでも、そのコンディションを維持することができません。このように、家庭における幼児教育も、世田谷の幼児教室と同じくらい大切なこととされています。